豊浦町いちご豚肉まつり2017の開催日や駐車場情報

この記事の所要時間: 338


毎年、白老牛肉祭りと日程がカブる事が多い、豊浦町のいちご豚肉まつり。我が家はいつも悩むんです・・豊浦、白老どちらの祭りへ行くか^^;

牛と豚の戦いみたいなもんですね(笑)札幌からだと白老の方が近いので。つい白老に行っちゃうのですが、いちご豚肉祭りで販売されている豊浦いちごの甘い事ったらないですよー!

今日は、豊浦のいちご豚肉祭りの情報をたっぷりとご紹介しますので、豊浦へ行くか白老へ行くかの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

豊浦町のいちご豚肉まつりとは?

北海道の中でも豊かな海の幸に恵まれた噴火湾に面した「豊浦町」。毎年6月上旬に海浜公園を会場として行われます。

豊浦町名産品のいちごと豚肉が楽しめる、ネーミングがそのままのお祭りなので、分かりやすいですね!

いちごや豚肉の名産品が食べられる他、噴火湾の海の幸でもあるイカ、ホタテを使ったジャンボ鍋、もちまきなど食べることに特化したお祭り♪

その特徴は、「開催時間が短い」こと★1日限りの10時から14時まで、というまるでランチタイムな開催時間(笑)だからこそ、食べるイベントが盛りだくさんなんですね。

お祭りの締めくくりには、餅まきが行われます。私が子供頃は新築の家がよくやってくれていたのですが、最近はみることなくなりましたね。

そんな回顧録もあってか?この餅まきにテンション上がるのは、子供よりも大人のようです(笑)。お子さんの怪我に注意してね〜、みんな夢中になりすぎないでね〜とのアナウンスに優しさを感じます。

スポンサードリンク

2017年の開催日や場所

2017年の開催は、6月4日(日)午前10時から午後2時までとなっています
今年は白老牛肉祭りとカブってない!と思ったら白老牛肉祭りも3、4日でした・・思いっきりカブってました(T_T)

会場は豊浦海浜公園です。

町役場や郵便局を目印に進むと分かりやすいかもしれません。会場といっても広大な芝生の公園なので、多くの方は焼肉会場として楽しみます。

焼肉の貸し出しコンロもあるので、椅子やシートだけを持って、コンロや焼き物を公園内で購入し、マーチングバンドや演奏、ステージを見つつ、BBQを楽しむという光景が多かったですよ。

肉好きの私も一度足を運びましたが、豚肉焼きが1皿100円なので、たらふく頂きました!

牛肉が食べられるイベントが多いのですが、豚肉は珍しいと思いませんか?豚の脂がしつこくないので、食が進みますよ。

デザートの苺は口の中をさっぱりしてくれます。豚肉と苺の組み合わせって、結構クセになります。豚肉の苺ソース添えなんて、案外イケると思います!!

駐車場情報

会場近くの駐車場は無料で、係員が誘導してくれるので迷うことはありませんが、渋滞覚悟です!

出来れば午前10時前までには、駐車場に到着しておく事をおすすめします。11時以降になると、30分以上の待ち時間は覚悟しましょう。

この海浜公園は北海道でも人気の海水浴&キャンプ&BBQ会場なので、地元の方達はテントあり、コンロありでリアカーで持ち込んで楽しまれています。

おまつりを楽しむポイント

駐車場以上に長い列となるのがいちごの販売です!豚肉よりいちご目当てで、訪れる人も少なくありません。

開場の10時と共に人が並びだすので、苺を買うなら早く行ってまずはイチゴに並びましょう。出遅れると1時間以上並ぶこともあります・・・豊浦いちご恐るべし★

近隣には温泉があるので、お祭りを楽しんだ後にお風呂に入ってから帰宅、、という行程もおすすめです。

必ず寄っていただきたいのが、道の駅にある「いちごシャーベット」♥苺の食感、甘み、酸味、パーフェクトなシャーベットが人気でめちゃウマです♪

まとめ

白老牛肉祭りは土日の2日間に対して、豊浦町はたった1日限定(しかもたった4時間!)のおまつりなのでレア感はありますよね。

豊浦町は車を走っている時の海の眺めも素敵だし、夜になるとちょっとした夜景も楽しめる町なので、私は大好きです♪

4日はいちご豚肉まつりで、翌週は白老牛肉まつり・・忙しくなりそうです(笑)
[blogcard url=”https://hokkaido-kiz.com/siraoigyuniku-833”]

スポンサードリンク

おすすめトピック