白老牛肉祭り2018の日程│チケット販売方法や混雑回避のコツ

この記事の所要時間: 513


我が家も大好きな白老牛肉まつり!子どもが小学生になってからは、運動会とカブるので日曜日しか行けないのですが、赤ちゃんの頃は祖父母の家に泊まって2連チャンで行ってました。

お祭りでしか食べることのできない限定メニューが沢山あって、牛肉以外にも海の幸まで楽しむことができる贅沢イベント!

2018年も6月に開催される予定なので今から楽しみにしています♪

早速、日程をチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

しらおい牛肉まつりとは?

白老の牛肉は昭和29年に、島根から導入された40頭から始まった畜産業で、生産されている牛肉が北海道ブランドとなって質も人気も高い牛肉として知られています。

その肉質の秘密は、北海道でも有数の穏やかな海岸線に沿った町で、餌にはミネラルを豊富に含んだ牧草を食べて育っただけに、良質の肉が生まれてきたのが白老牛なんです。

この白老牛一頭を丸ごと焼いて食べてしまおうというのが白老牛肉祭り♪1皿500円程度で食べれるのはこの祭りだけなのでオススメです。

焼肉ができるコンロも設置され、美味しい白老牛をその場で焼いて食べる事ができちゃいます。近隣の町村も出店しているので、美味しい海鮮も味わう事も♪

このほかにも、このお祭りのためだけに用意されたビーフシチューやハンバーグ、牛丼まで用意されています。

1日では、全部食べ切れず、毎年どれにしようか迷ってしまうんですよねぇ(笑)入場は無料です。

とにかく「肉や魚介類を食べまくるイベント」と覚えておいてください(笑)

2018年の開催日は?

2018年の白老牛肉祭りの開催日はまだ決定していません。

ただ、毎年6月の第一週目に行われている事から2018年6月2日(土)・3日(日)に開催されると予想しています。

開催時間は9時30分~17時まで(4日は16時まで)となっています。

開催場所は、例年通り白老ICを降りてすぐの広場で行われます。白老から高速を降りるとすぐに場所はわかるハズです!

普通道路から来る方は白老ICを目指して行けば大丈夫ですよっ。

この6月第1週ですが、白老は雪の少ない地域なので温暖ではありますが、海岸線だけに風が強い地域でもあります。

晴れていたとしても、念のため1枚羽織るものは持参してくださいね。

白老牛肉まつり2017へ行ってきました♪おすすめの持ち物はコレ!

2017.06.04

気になる2017年の天気予報ですが5月31日現在の予報だと

ギリギリ雨は降らないかもしれませんが、雨具は必須ですね!

↑2018年も近くなったらご紹介しますね☆

そして気になるのが気温・・土曜は13℃で日曜に至っては11℃とのこと(T_T)

寒い事が予想されるので、防寒も多めに持って行った方が良さそうですよ。

チケットの販売方法は?

白老牛肉祭りで白老牛を購入するなら、事前に前売り券を購入しておきましょう。前売り券は150g入って1,800円となります。

当日券もありますが、午前中に行かないとすぐ完売になり、料金が割高なので、前売り券がおすすめです。

毎年約5万人が集まるイベントですので、前売り券10,000枚も完売必須!早めに予約しておきましょうね。

前売りチケットは、白老町内のローソン2店舗、セイコーマート2店舗、スパー1店舗で購入するか、チケットぴあ(サンクス、セブンイレブン)でも購入可能です。

チケットぴあでも既に前売り券が発売されています。
>>白老牛肉祭り前売り券(チケットぴあ)
icon
前売り券は販売枚数に達したら早めに終了するので注意して下さいね。

また、当日券は瞬殺ですので、前売りを必ずゲットしていきましょう!

スポンサードリンク

駐車場は混雑する?

広い北海道ですから、当然野外イベントには大型駐車場が付きものです。

なんと2,000台無料駐車場が用意されているのですが、これもあっという間に満車になります。白老駅からシャトルバスがでているので、遅く訪れる場合は活用してくださいね。

牛肉まつりの攻略法~混雑回避のコツ~

長年に渡り、白老牛肉まつりに訪れている、我が家の攻略法をご紹介します。

・前売りチケットを必ず購入しておく!
前売りチケットは、当日券よりも安いだけではなくて、何時に訪問しても必ず肉を取っておいてくれるというメリットがあります。(ただし、日曜日は午後2時前に引き換えないとダメ)

しかも当日券は早くから並ばないと、ゲットする事ができない可能性も!その点、前売り券は、あまり並ばずすんなり受け取る事ができますよ^^

・10時までに駐車場に入って焼き台をゲットせよ!
午後をまたがずに、2000台の駐車場は満車になり、車で待機する時間がでてきます。それを避ける為に、朝早くに家を出て遅くとも10時までには、会場に到着しておきましょう。

我が家なんて9時入りですよ(笑)札幌を7時過ぎに出て十分間に合いますぅ。

会場に到着したら、まず焼き代をゲットしておきましょう。焼き台はたくさんありますが、こちらもすぐに埋まってしまいます。

場所取り用のジャンバーやバッグなどを持っていくと便利ですよ。

・14時までには、帰宅準備せよ!
焼肉のチケットの引き換えは14時までなのですが、午後に引き換えてのんびり食べていては遅いです!

14時までには、会場を出るようにしましょう。15時過ぎになると、今度は帰る車で大渋滞!駐車場から身動きが取れず、なかなか帰る事もできませんよ~。

ちなみに我が家は、12時には会場を出て、白老町を1時間ばかし探索してから帰ってます^^

 

以上の3箇条を守れば、混雑の中でも楽しく過ごせると思いますよ。

白老町には美味しいグルメもあって、中でも帰りに寄って欲しいのが、マザーズという美味しいシュークリームの店♥

新鮮な卵も販売されていて、おすすめですよ^^

まとめ

参考になりましたでしょうか?

晴天だと、とにかく人だらけになるお祭りなので、是非攻略ポイントを参考にして楽しいお祭りを過ごしてくださいね。

豊浦町いちご豚肉まつり2017の開催日や駐車場情報

2016.03.28
スポンサードリンク

おすすめトピック