札幌でビアガーデンが楽しめるおすすめスポットとは?

この記事の所要時間: 320


札幌の短い夏も、間もなく最盛期を迎えようとしています。

気の早いお店だと、5月頃からビアガーデンを開催している店舗もありますが、一番のシーズンはやっぱり7ではないでしょうか!

昔はビアガーデンといえば、大通り公園ぐらいしかなかったのものですが、最近は選ぶのに困ってしまう程、たくさんのビアガーデンスポットがあります。

その中から、おすすめの場所をご紹介しますね^^

スポンサードリンク
銀座ライオンビアガーデン(札幌駅)

札幌駅正面の広場にて行われているビアガーデンなので、誰もが前を通ったことあるのではないでしょうか?

雨でも、風があってもビニールシートがあるので、天候を気にすることなく楽しむことができる、ビアガーデンとなっています。

食べ物は1、2を争うぐらいの美味しさではないかと思っている私です^^しゃぶしゃぶ食べ放題もあって、飲み物よりもがっつり食べたい女子におすすめのガーデンです♪

札幌エクセルホテル東急(中島公園駅)

エクセルホテルは名称こそビアガーデンだけども、テラスで食べるBBQコーナーという感じです^^;

後片付けの心配もないですし、シュフやスタッフもお手伝いしてくれるので、誰でもここでは美味しくBBQを楽しむことができる場所★

日中は中島公園を散策して、ちょっと早めの夕食タイムで立ち寄るもよし、ランチタイムで昼間っから飲んでもよし。

旦那曰く、大人数よりも少人数で行く場所として、活用するのがオススメとのことで、後輩や同僚と仕事の話したい時なんか、とってもいい場所みたいです^^

サッポロテレビ塔サマースクエア(大通駅)

大通公園のビアガーデンは数多くあるけれど、私が気に入っているのは、テレビ塔の下で行われているビアガーデンです。

各公園のオープンエリアが有名ですので、テレビ塔下は案外穴場スポットなんですヨ。

会場によって銘柄もかわりますが、ここはサッポロクラシックのエリアで、クラシックファンが集うので、平均年齢はやや高め。

観光客が多いのもこのエリアの特徴です。ジンギスカン食べ飲み放題もあるので、大人数でわいわいと行きたい場所!

小樽ビール夏のビアガーデン狸二条広場(大通駅)

開催期間が最も短いビアガーデンで、海の日の辺りからお盆休みの最終日程度までの、約3週間程度しかやっていないんです。

昨年は昼間から飲み放題やっていましたが、今年もやるでしょうか・・2016年の詳細は明らかになっていません。※確か先着何名と人数制限があったような・・。

小樽ビールという地ビールを楽しめる珍しい場所で、なのでいつもと違う銘柄を試してみたい方には、こちらがおすすめです。

創成川沿いの会場なので、夜風も幾分涼しく感じられます。女性は上着を持ち歩くと良いですよ。

ノルベサ屋上ビアガーデン(大通駅)

ビアガーデンの中でも最も遅い時間までやっている会場です。

ラストオーダーが23時30分、閉店24時と終電を気にせずに楽しみたい方、仕事で遅くなってしまう方などにはとっても好都合な会場です。

場所も広くて、150名程度の予約でも難なくクリアできますよ。会社単位で盛り上がれる場所です。

個人的にホテルのビアガーデンが好きで、パークホテル、ノボテル、エクセル東急、ジャスマック、東京ドームホテルなど行ってましたねぇ。

昔の話ですが、ホテルのビアガーデンでも穴場中の穴場が、ホテルモントレエーデルホフでした。たった10日間の開催でしたが、今年はどうかな?調べてみますね^^

スポンサードリンク

まとめ

他にも札幌で開催されているビアガーデンは、たくさんあります。2016年の詳細な情報は判明次第、こちらで追記していきますね。

私はあまり飲めないので、どうしても食べる事が中心となるので、もう少しフードメニューが美味しいお店が、増えたらいいのになぁと感じます^^;

短い夏の風物詩、適度に楽しみましょう!

スポンサードリンク

おすすめトピック