釧路冬まつり2017年の開催日は?花火の時間や見どころまとめ

この記事の所要時間: 30


北海道の冬は、寒いだけで、引きこもりそう…と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実は、いろいろな冬のイベントがあり、楽しめることが盛りだくさんなのです!

有名なところで言うと、札幌雪祭りや氷瀑祭りなどありますが、釧路冬まつりも忘れちゃいけません。

2017年の開催日や見どころなどをチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

釧路冬まつりの日程は?

釧路冬まつりは、2017年2月4日(土)と5日(日)の2日間で開催されます。

開催時間は、4日が10時~18時30分からで、5日が10時~16時までとなっています。

場所は、釧路市観光国際交流センターがメインの会場となり、その周辺でも様々なイベントが開催される予定です。

国際交流センターは駐車場が用意されていないので、公共交通機関を使うようにしてくださいね。

くしろバス・阿寒バス共通の1日バス乗り放題券が、500円という激安価格で販売しているので、お祭りを楽しみながらバスで阿寒観光をしてみてはいかがでしょうか^^

2016年の時は前日の金曜日に前夜祭があり、巨大迷路や氷雪像のライトアップなどをいち早く楽しむ事ができたので今年もあるのかなぁと予想しています。

2017年の詳しい情報がまだ発表になっていないので、判明したらこちらでも紹介しますね(*’ω’*)

花火の時間は?

冬まつりでは、道新華火ファンタジアという、冬の花火大会も開催されます。

花火の時間は、4日(土)の18時頃からスタート予定です。

しかし、冬の天候は変わりやすいので、吹雪だったり風が強かったりすると中止になる可能性もあるので注意してくださいね。

花火に照らされた雪像や氷像を見られるのも釧路の冬まつりならではですよね^^

スポンサードリンク

釧路冬まつりの見どころ

釧路の冬まつりはさまざまな氷雪像とチューブスライダーがあり、チューブスライダーは小学生に大人気のコーナーです。

それよりもっと小学生に人気なのが、MOOエプロン広場に出現する「巨大迷路」!

こちらの巨大迷路は、氷で出来ていて、とても幻想的なものになっています。

しかし、この迷路はただゴールを目指して楽しむだけではなく、100人で迷路のタイムトライアルというイベントがあり、時間を気にしつつ、ハラハラドキドキを感じられ、迷路でスリルも満点です。

ぜひ、挑戦してみてくださいね( *´艸`)

また、観光国際交流センターの室内では、「地産地消」を目的に、地元で生産された水産食品を一堂に集めて販売し、管内地場食品を集めた「くしろ食材マルシェ」も同時開催しています。

外で冷えた身体を温かいフードで癒すのも良いのではないでしょうか。

釧路の冬まつりは、その他にも、子ども向けのショーや餅まき大会も開催される予定です。

フリーマーケットも出店しているので、何かの掘り出し物に出会えるかもしれませんよ♪

雪像や氷像を見て楽しむだけではなく、大人から子どもまで楽しめる物が盛りだくさん!

夜は花火だけではなく、イルミネーションも楽しめるので、デートにもおすすめです。

まとめ

釧路は雪が少ない分、体感的にはかなり寒く感じられると思います。

子連れで行かれる場合は、防寒対策をしっかりして、ポケットにカイロを忍ばせて訪れる事をおすすめします。

迷路など体を動かすイベントも多いのでスキーウエアに防水手袋+帽子は必須アイテムですよ♪

冬の釧路を思いっきり満喫して行ってくださいね。

スポンサードリンク

おすすめトピック