HIS│北海道の電気料金やメリットは?旅行好きならお得かも?

この記事の所要時間: 36


北海道の電気自由化に伴い、色々な会社が参入を発表していますが、格安旅行会社のHISも電気を販売するそうです。

HISで契約すると旅行関係でメリットありそうですが、どんなプランがあるのでしょうか。

早速、調べてみました。

スポンサードリンク

HISの電気料金プランは?

電気販売の自由化が始まりますが、HISも格安の電気料金を提供するようです。

といっても送電施設は北海道電力などの、発電事業所のものを使うので、劇的に安い価格にはならないようですが、それでも北電の販売価格より5%安くなります。

これまで契約している北海道電力と比較した場合・・

 

10A:334.8円→318.06円(約16円割引)
15A:502.20円→477.09円(約25円割引)
20A:669.60円→636.12円(約33円割引)
30A:1004.40円→954.18円(約33円割引)

 

従量料金も5%減となっているので、1年間で考えると夫婦2人世帯で5,000円程度、4人家族で6,500円程度の減額となるようです。

1ヵ月でみると大きな割引ではありませんが、1年間で食事1回分は作り出せる計算となります。これって侮れない数字ですよね?

わずかな金額に見えますが、せっかく旅行会社の電気販売なので、浮いた分は旅行に使いたくなりますね。あ、それが狙いか(笑)

スポンサードリンク

HIS電気のメリットは?

旅行会社が販売する電気という事で契約したら旅行関係の割引はあるの?と期待してしまいますよね^^

調べてみるとやっぱりありましたよ♪

2016年3月末までの申込で5万円以上の海外旅行、もしくは3万円以上の国内旅行に申込をすると、1世帯当たり海外旅行で2,000円、国内旅行でも1,000円の割引が受けられます。

また、HISの店舗って全国に300もあるって知っていました?

そのHISの受付カウンターへ行けば、店頭での申込や契約をすることもできますので、直接電気について説明を受ける事も可能です。
>>北海道内のHIS店舗一覧

近所にHISがなくても、ネットやスマホで申込や契約をすることができますよ。
>>HIS電気公式HP

今までは地域独占で、そこから買うしかなかった電力ですが、自由競争に規制緩和となり小売電気事業所として、事業を行うことができるようになりました。

HISは長崎のハウステンボスの運営会社でもあるんですよ★

長崎だけでははく九州一体に広がっている地熱を活用した発電事業で電気を開発、そこから今の送電施設を使って全国に販売をしていきます。

北海道でも九州で生まれたクリーンな電気を使うことができるという仕組みなのです。

クリーンな電気を選んで使うことは、自信の意思表示でもあります。

原発はいらないという考えの方は、地熱や風力などのクリーンエネルギーを選びますよね。

HISは安くなりますが、クリーンエネルギーは会社によっては割高となるケースもあるのでご注意を★

HISの電気で旅行、クリーン、割安なメリットを生かすには、今がチャンスかもしれません。

まとめ

これからは電気もサービス業の1つになってくるんでしょうね。

自由競争で一般市民にもっと恩恵が下りてくることを願いたいです^^

ただ、たくさん会社がありすぎて、どこを選んだらいいのかまだ迷っている我が家です。

旅行もそんなに行かないしなぁ^^;
[blogcard url=”https://hokkaido-kiz.com/coopdenki-569”]

スポンサードリンク

おすすめトピック