北海道のいちご狩り│雨が降ってもOKなハウス栽培の店舗とは?

この記事の所要時間: 441


初夏の味わいの一つといえばいちごです。甘酸っぱい赤い実の形を思い出すだけでヨダレが出ますね。

北海道のイチゴ狩りは、5月下旬から6月までと期間が短いので、旬な時期を逃さないようにしましょう!

ただ、イチゴ狩りを予定していた日が、雨だとガッカリですよね。安心してください、そんな時は、ハウス栽培のイチゴ狩りがあります^^

露地栽培のイチゴも甘くて美味しいですが、ハウス栽培は、しっかり温度管理されているので、露地栽培とは違う味を楽しむ事ができますよ。

そこで今日は、ハウスの中で天気を気にせずにいちご狩りを楽しめる場所をご紹介します。

スポンサードリンク

ハウスの中で楽しめるいちご狩りスポットは?

露地栽培のイチゴ狩りも、場所によってはハウス設備や覆いがされていて、雨をしのぎながら収穫を楽しむことが可能なのですが、洋服が汚れてしまったり、足元も悪く気分も上がらないんですよねぇ^^;

やっぱり、雨の日はハウス栽培のイチゴ狩りに限ります。露地栽培より長く営業している店舗も多いので、まずはチェックしてみてください。

スノーベリーファーム(札幌市)

札幌市で唯一ハウスでイチゴ狩りを楽しめる場所です。高設栽培なので、しゃがまずにイチゴを食べる事ができるので、腰の悪いお年寄りも一緒に楽しむ事も可能です。

料金は60分食べ放題で

一般:1,800円
小学生:1,200円
3歳~未就学児:700円

となっています。

2016年も5月には開園される予定で、4月頃からネット予約も始まります。

週末が特に人気なので、早めに予約しておきましょう。ハウスなので雨が降っても安心ですしね^^
>>スノーベリーファーム

おがファーム(栗山町)

おがファームはイチゴを専門に栽培しているいちご農家です。栗山町にハウス栽培のイチゴ狩りがある事を知らなかったのですが、割と新しい農園のようで、栗山町は札幌からも近いので、行きやすい場所ですね。

料金は、大人1,800円、子供(2歳~小学生未満)1,500円、小人(2歳未満)500円です。

イチゴ狩りは予約制となっていて、ネットから簡単に予約する事ができます。

公式サイトでは、ハウスのイチゴの様子をブログで随時お知らせしてくれるので、旬な時期がわかりやすいです。
>>おがファーム

よこやま農園(石狩市)

お天気を気にすることなく、予約も不要で入ることが出来るいちご狩りスポットです。時間制限がない食べ放題が魅力です。

料金は大人(中学生以上)800円、子供(3歳~小学生)500円で、時間無制限です。開園時期は、例年6月中旬から7月中旬となっています。

イチゴ狩りの他に、手作りのイチゴソースがかかったソフトクリームは絶品です♥250円也。

2016年の開園時期やイチゴの状態などは、フェイスブックに更新されているので、チェックしてみてくださいね。
>>よこやま農園facebook

我が家が子供達が良い仕事してくれるので(笑)料金分はしっかり元が取れる位食べていると思います(*´∀`)

スパルベリー(恵庭市)

スパルベリーの苺は、糖度が15度以上とめっちゃ甘いイチゴを、楽しむ事ができる苺狩りスポットです。

腰ぐらいの高さでイチゴが栽培されているので、しゃがむ必要がないのも嬉しいポイント。

なんと1月から既に営業中で、5月下旬までは美味しいイチゴを、堪能する事ができちゃうので観光客の方にも人気です。

日曜、月曜は定休日なので注意!

料金は

1月~3月:小学生以上1,700円、3-6歳:1,000円
4月~5月:小学生以上1,400円、3-6歳:700円

となっており、3歳未満は無料です。

イチゴの生育状況から、閉園している日もあるので、まずは電話で確認してから行った方がよさそうです。
>>スパルベリー

フローア・オータム・ガーデン(南幌町)

オータムガーデンでは、ハウス栽培、露地栽培、両方のイチゴ狩りが楽しめるので、天気の良い日でも雨の日でも利用できる場所となっています。

ハウスは2月下旬から5月中旬まで楽しめて、「あきひめ」という品種のイチゴを食べる事ができます。

ハウスの苺狩りの料金は

大人:1,600円
4歳-小学生:1,000円
3歳以下:無料

この料金は30分食べ放題の価格なので、注意してくださいね。

予約は不要ですが、イチゴの状態を電話で確認してから行きましょう!
>>オータムガーデン

以上になります^^

北海道でハウス栽培のイチゴ狩りを行っている場所が少ないので、雨の日は混雑する可能性があります。赤いイチゴを食べるなら早めに現地に行く事をおすすめします。

また、突然の休園という場合もあるので、最初に電話で確認してから訪れましょう。行ったらやってなかった・・という経験をした我が家のようにはならないでくださいね~。

スポンサードリンク

まとめ

まずは、公式サイトで最新の情報を確認してから、苺狩りの計画を立てましょう!

イチゴ狩りの時期は、天候によって数日間ズレる事も多いので、早く行ったら青いイチゴしかなかった・・なんて場合も(;^_^A

札幌から日帰りで行ける場所も多いので、朝早く家を出てイチゴ狩りを楽しんできてくださいね。
[blogcard url=”https://hokkaido-kiz.com/kinkouichigogari-785”]

スポンサードリンク

おすすめトピック