アスパラガスの栄養価は?美肌に効果あり?食べすぎはダメ

この記事の所要時間: 330


北海道で春の旬な野菜といえば、アスパラガス。

農家の親戚から、毎年アスパラを頂くのですが、信じられない位甘くて美味しいんです♪

そんなアスパラですが、栄養ってあるのでしょうか^^;
たくさん食べている割には、栄養面をあまり気にせず食べていました。

食べ過ぎると、その後のトイレのニオイも気になったりするですが、食べ過ぎてはダメなんでしょうか・・
そこらへん、調べてみましたよっ☆

スポンサードリンク

アスパラの栄養価とは?

アスパラは、カリウム、カロテン、葉酸を多く含みます。

100g当たりのカロリーは生で22kcalで、茹でると24kcalになります。

同じ量のさやいんげんと比べても、ビタミン類が多く含んでいますよ^^

ビタミン類を詳しく見てみると

・カロテン
・ビタミンC
・ビタミンE
・ルチン
・アスパラギン酸

などが含まれています。

耳慣れないアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、この効果は有害なアンモニアを外に出して、中枢神経を保護してくれます。

更に、カリウムとマグネシウムを細胞に運搬、疲れを感じさせる乳酸を、エネルギーに変えてくれる効果もあり!

つまり、アスパラは疲労回復に繋がる野菜なのです。

ルチンはポリフェノールの一つで血管を強く、抗酸化の効果があります。

またビタミンPとも呼ばれるビタミン様の物質でもあります。

・出血性の病気予防
・心疾患、糖尿病、認知症予防
・変形性関節症改善

と生活習慣病に対しての予防に優れています。更にビタミン類の吸収を助けてくれます。

耳寄りなのがインドでは生理痛の緩和と、母乳の出を良くする為にも、アスパラガスが使われているそうです。

葉酸も多いですし、ベビー待ちの人にもおすすめの食材ですね♪

美肌に効果があるって本当?

アスパラは美肌に良いと聞きますが、それはどうしてなのでしょうか?

それはアスパラに体の有害物質を排出したり、血管を丈夫にしてビタミン類の吸収を良くする効果があるからです。

その効果で肌のくすみの解消と、美白に必須の成分を取り入れやすく、体調を整えてくれる点で、美肌効果の期待が出来る・・って訳♪

疲れが溜まったままだと、例え化粧でごまかしても、外見にあらわれてしまいます。特に30超えるとヒシヒシ感じます^^;

体の内側に要らないものが溜まってしまうのも、顔色が悪くなったり、そのまま体調を崩す事に繋がります。

アスパラガスを食卓に取り入れて、デトックス効果に期待したいですね!

私、今年は必要以上に食べてしまいそう( *´艸`)

スポンサードリンク

アスパラの食べ過ぎはダメ?

栄養があるから・・といって1日に大量のアスパラを、食べてはいけません。

栄養素もとりすぎによっては害になることがあるんですよ。

アスパラは、プリン体が多く含まれているので、大量に摂取すると、痛風になってしまう可能性があります。

また、食べ過ぎると辛いのが、尿のニオイです。!

あのなんともいえない、青臭い感じの尿・・夏場はキツイっす。
この強烈な臭いの原因は、メルカプタンという硫黄成分が発生する事が原因だそうです。

遺伝的なものもあるようで、たくさん食べてもニオイがしない人もいるみたい。

私は食べた人は必ず臭うもんだ、と思ってましたけど・・(笑)

体質的には全体の半分以下とはいえ、外出の時には特に気になりますよね。

早ければ食後の15分位で出るようなので、気になるようであれば、夕食の時に食べるなど、自分で調整をしながら食べましょう。
[blogcard url=”https://hokkaido-kiz.com/asparahozon-695”]

まとめ

アスパラガスは体質次第では多く食べるのには、注意が必要な事も分かりました。

けれどもデトックス効果による美肌と、生活習慣病の予防効果は食卓に取り入れていきたいものですよね。

もしも注意が必要な体質かも?と感じたら、食べる時のルールを決めてうまく付き合っていくようにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめトピック