イチゴ狩り

札幌│いちご狩りの時期は?服装や持ち物は?おすすめスポット3選

この記事の所要時間: 449


我が家が毎年楽しみしているのが、いちご狩り♪

去年は天候が悪かったせいで、例年より育つのが遅く、行った時は青い苺ばっかりで残念な思い出です。

今日は、札幌市内でおすすめの苺狩りの場所を3つご紹介します。

初めて苺狩りに行く!という方の為に、服装や持ち物もチェック!

スポンサードリンク

札幌でいちご狩りができる時期は?

本州は冬からゴールデンウィークまで苺狩りが楽しめるようですが、北海道のいちごは最盛期がゴールデンウィークが終わった後からなんです^^;

天候にもよりますが、札幌は例年6月頃が最盛期になります。

スーパーでは3月頃から北海道産のいちごが陳列されていきますが、早咲きのハウスものが中心です。

雪も解けて太陽の恵みが、存分に降りそそぐ5月を越したイチゴは、甘味が全く違います!

美味しい苺を食べるなら、5月下旬から6月上旬を狙って行きましょう。

いちご狩りの服装や持ち物とは?

苺狩りに行く時は、動きやすいカジュアルな服装で行きましょう。

私はジーンズにユニクロパーカーを着て行っています。風が冷たい時もあるので、車にジャンバーも置いておきましょう。

苺は足元になっている農園が多く、屈んで実を採る事になります。腰痛もちにはキツイです(笑)

男性は心配ないと思いますが、女性は丈の長いスカートだと裾が、土についてしまいますので、避けた方がいいですよ。

また、ビニールシートで地面が覆われている場所もありますので、ヒールのある靴は禁止!スニーカーなど土に優しい靴で行って下さいね。

大人も子供も、スニーカーが一番歩きやすいですね^^

また、バッグは手持ちバッグだと、食べたり写真を撮ったりするのに、ジャマです^^;

リュックタイプが便利でしたよ♪

あると便利な持ち物とは?

持ち物はちょっとこだわりましょう。以下を用意しておくと、尊敬されること間違いなし(笑)

 

・ウェットティッシュ
特にお子さんと一緒に行く時には絶対に忘れないでください☆積んだ時に果汁で手がベトベトになります。取り出しやすい場所にセットしておくと便利です。

・飲み物
苺を食べていると喉が渇く子供も多いと思います。いちいち自販機で買っていては、もったいないので水筒にお茶を用意して持っていきましょう。

・ビニール袋
食べたヘタなどを入れる為のゴミ袋です。

・すり鉢とすりこぎ
幼児がいるときはすりつぶして食べさせますが、大人が食べても旨いっす!

 

ちなみに、マイ練乳を持って現地で付けて食べたい!と思ったら、まずは訪れる店舗の決まりを確認してください。

果樹園で用意しているケースもありますが、トッピング禁止の果樹園もあるので、注意してくださいね。

ただ、練乳も必要ない位、最盛期の苺は甘くって、美味しいと思いますよ~( *´艸`)

スポンサードリンク

札幌市内のおすすめいちご狩りスポット

札幌市内で苺狩り・・というと、南区方面に限られてしまいます。

その中でも人気の苺狩りスポットをご紹介しますね。

定山渓わいわいふぁーむ(旧佐々木果樹園)

10月中旬まで苺狩りができる、ロングランないちご果樹園です。

料金は30分食べ放題で、大人1,500円、子供1,100円、幼児600円です。

少し時間が短い感じもしますが、30分もあればたらふく食べられますよ♥

苺狩りの他にも、釣り堀やピザ作りなどの体験学習などもあるので、1日中遊べる場所となっています。

車いすでの利用も可能です。

定山渓温泉も近いので、日帰り温泉とセットで楽しんでも良さそうですよ。
>>わいわいファーム

八剣山果樹園

例年6月下旬から7月上旬までいちご狩りが楽しめます。

食べ放題は時間無制限で、大人1,000円、小人700円(4歳-小学生)

果物狩りの他に、乗馬や釣堀、カヌーなどのアトラクションも充実しています。

無制限だけれど遊ぶ時間も考えると、食べてばかりはいられないですね^^
>>八剣山果樹園

スノーベリーファーム

完全予約制の苺狩り農場なので、予約のない農場よりも混雑に巻き込まれず、比較的のんびりと食べる事ができます。

いちご狩りは60分食べ放題で、大人1,800円、小学生1,200円、3歳-未就園児700円となっています。

他より高めの料金ですが、完全予約制なので、いちごの品質は申し分なし!

青い苺を食べて残念な結果になる位なら、高い料金払って美味しい苺が食べたいと思う私です^^;

予約はホームページからできます。最盛期の週末は混雑するので、早めに予約しておきましょう。
>>スノーべりファーム

上記3つの果樹園はすべて札幌市南区で、札幌のフルーツ王国とも言われています。

初夏にはプルーンやとうもろこしも賑わい始めるエリアですので、苺の他にも色々な果物が楽しめますよ。

【注意したい事】
いちごに限らず果樹園は受粉のためにミツバチが放たれていることがあります。ビニールハウス内でも蜂がいるケースがあります。刺激してしまうとミツバチも反撃しますので、刺激することないように心がけましょう。

まとめ

札幌市近郊である、北広島市・江別市・長沼町などでも、いちご狩りを楽しむ事ができるので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

あと、私のアドバイスとして、予約しないで行くなら、開店時間に行ってください!

中途半端な時間に行くと、美味しい苺が全て食べつくされている可能性も・・入場制限される場合もあるので注意です。

スポンサードリンク



おすすめトピック

関連記事

  1. 桜の開花予想2017!北海道各地で楽しめるのはいつ頃?
  2. 静内桜まつり2017│会場は?渋滞の時間は?ジンギスカンできる?…
  3. いちご狩り│札幌近郊で料金の安い店舗を厳選して紹介します
  4. 浦河桜まつり2017の日程は?駐車場ある?見どころは?
  5. 苫小牧花火大会2016│打ち上げ場所や時間は?駐車場はある?
  6. 二十間道路桜並木の開花予想│見頃はいつ?アクセス情報
  7. 北海道の高速道路│ゴールデンウィークは休日割引あり?ETC限定!…
  8. 札幌で水遊び用滑り台が無料で利用できる公園とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事もチェック!

  1. 池田町ワイン祭り2017の日程とチケット購入方法は?持ち物はコレ!
  2. お歳暮│北海道から贈る時期やマナーは?人気の海産物ランキング
  3. 【忘年会】札幌で大人数もOKなカニ食べ放題の居酒屋は?
  4. 白老牛肉まつり2017へ行ってきました♪おすすめの持ち物はコレ!
  5. 洞爺湖産業まつり2017の開催日は?前売りチケットの販売あり?

イルミネーション特集

おすすめ記事

クリスマス特集

PAGE TOP