イベント

小樽雪あかりの路│2017の開催期間は?駐車場はある?花火は?

この記事の所要時間: 352


小樽市で行われる冬のイベントとして、もうすっかりお馴染みとなった、雪あかりの路。

冬のイベントと言えば、寒さを忘れるようなアクティビティや雪像がメインですが、この小樽雪あかりは、しっぽりとした気分にさせてくれるちょっと趣の違うイベントです。

ロマンチックな小樽の街にあっていて、カップルのために作られたイベントという狙いがしっかり伝わってくるような仕掛けになっています。

2017年の開催日はいつなのでしょうか^^早速チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

小樽雪あかり2017の開催期間は?

小樽ゆきあかりの開催期間は、2017年2月3日から2月12日までの10日間となっています。

時間は午後5時~9時まで

メイン会場が小樽運河沿いの「運河会場」と「手宮線会場」となっています。

夜しかやっていないという割り切った内容も、また分かりやすいイベントだなぁ、と感心させられます。

冬のイベントはさっぽろ雪まつりの期間に合わせて行われることが多く、雪まつり+雪あかりというセットでの観光客誘致も狙っているはずですが、観光客よりも北海道民が集まっていくイベントとして成長しているようです。

でも、この小樽雪あかりはキャンドルやライトアップで夜の小樽を演出するものですが、かなり広範囲で仕掛けられているので、全部見ようと思うと一晩では難しいかもしれません。

狙いを定めて歩き回る、もしくは無理しないで1か所でしっぽりとした雰囲気を楽しむ方がいいかもしれませんね。

駐車場はある?

専用駐車場は用意されていませんので、コインパーキングを利用することとなります。

ただ、会場から近い駐車場は混雑しているので、週末は満車になる事が多く渋滞も予想されるので、車よりもシャトルバス等を使った方が安心・安全だと思います。

特に厳寒期の小樽は雪道に不慣れだとかなり緊張感ある走行となり、北海道民でも天候によっては運転しずらい事があります。

JRやシャトルバスなど会場を結ぶ臨時便も用意されていますので、こちらを利用しましょう。

ちなみにメイン会場の小樽運河は小樽駅から徒歩10分程度です^^

その間にも手宮線会場やスタンプラリーポイントもあるので、コンパクトに楽しむなら駅から運河会場までの往復でも、かなり満足感ある景観が楽しめますよ♪

参考までに・・我が家は、札幌から小樽イオンに車を駐車して、タクシーで運河付近まで移動しています。

小樽築港駅も近くにあるので、タクシーよりも電車で移動する方がお金はかかりません。(我が家は、めんどくさくってつい^^;)

準メイン会場となる朝里川温泉は狙って移動する必要がありますが、移動していくだけの価値がある会場です。

私は個人的に朝里川温泉の準メイン会場の方が好きです。どこで写真撮っても絶景が楽しめますよ。

スポンサードリンク

花火はあがるの?

2月3日のオープニングセレモニーで、花火が打ち上げられます。

会場は天狗山スキー場で、時間は午後6時30分からです。

松明を持ったスキー隊も登場したり、山の上からは花火を見下ろすことができたりと、夜景も一緒に楽しむことができるオープニングセレモニーです。

小樽駅から車で約20分なのですが、期間中は公共の交通機関で訪れた方が絶対に楽です。

期間中は中央バスが小樽駅から天狗山までの往復券がついた、雪あかりの特別セット券なども販売されているので、チェックしてみてくださいね。

会期中はスキー場全体がライトアップされていますので、カップルには絶対におすすめです。

見どころは?

私は会期中も3度会場に足を運びましたが、一番のおすすめは準メイン会場の朝里川温泉付近!

日帰り温泉もセットで楽しむことができますし、他の会場では見る事のできない幻想的な演出が素敵なんです。

その他、夜道を演出するキャンドルに使われるワックスボウルの製作体験もおすすめです。

蝋で作る球体のオブジェで、ろうそく灯すこともできますよ♪

自宅でも使えますので、1つあってもいいのではないでしょうか^^1回1000円で体験できます。

まとめ

天候にもよりますが、北海道の冬のイベントで一番大事なのは寒さ対策です。

毎回言ってる気がしますが、足元用カイロを靴下に張り付けておくだけで、体感温度全然違います!

冷え性の女性や子供には特におすすめです。

あと首元もしっかり温めましょう!

風邪を引かずに、雪あかりの路を楽しんでくださいね(^^)/

スポンサードリンク



おすすめトピック

関連記事

  1. 札幌ドーム嵐コンサート│空室ありのホテルは?満室の場合の対処法
  2. 札幌よさこい祭り2016の日程│交通規制と有料桟敷席の購入方法
  3. 北海道マラソン│過去の気温から見るおすすめの暑さ対策とは?
  4. 札幌競馬場│子供の遊び場はある?会場の様子をチェック!
  5. 森町桜まつり2017の日程│駐車場はある?ジンギスカンの楽しみ方…
  6. 松前公園の桜2017│見頃や種類をチェック!ライトアップあり?
  7. 北海道大学の金葉祭、2016年の開催日と銀杏並木の見頃をチェック…
  8. 洞爺湖産業まつり2017の開催日は?前売りチケットの販売あり?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事もチェック!

  1. 池田町ワイン祭り2017の日程とチケット購入方法は?持ち物はコレ!
  2. お歳暮│北海道から贈る時期やマナーは?人気の海産物ランキング
  3. 【忘年会】札幌で大人数もOKなカニ食べ放題の居酒屋は?
  4. 白老牛肉まつり2017へ行ってきました♪おすすめの持ち物はコレ!
  5. 洞爺湖産業まつり2017の開催日は?前売りチケットの販売あり?

イルミネーション特集

おすすめ記事

クリスマス特集

PAGE TOP