花火大会

勝毎花火大会│穴場の駐車場はある?シャトルバスは無料?

この記事の所要時間: 327


全国的にもファンの多い勝毎花火大会は、1日で20万人の来場者を集めるビックイベントです。

北海道の初夏を彩る、よさこいソーラン祭りでさえ、来場者が6日間で約180万人ですから、一晩で20万人を集めるこの花火大会の凄さがわかりますよね。

札幌からも自家用車で、帯広まで行こうと思っている方も多いと思いますが、気になるのは駐車場。

花火大会用の無料駐車場は用意されているのですが、会場から遠い場所にあるので、シャトルバスを利用する事になります。

今日は、勝毎花火大会の駐車場やシャトルバスの詳細をご紹介します。

スポンサードリンク
北愛国交流駐車場


主催者側が用意している臨時駐車場の1つです。

駐車可能台数が2000台とあって、ほぼ問題なく駐車できそうな場所です。が、1,500台辺りにですと、車から出口までどんだけ歩くんでしょうね^^;

駐車場は12時から利用可能なので、早めに入れてしまってから昼食や買い物、帯広探索をするのがおすすめ★

シャトルバスが、片道大人400円、子供200円となっています。※2016年の料金は未定

13時から16時30分までは30分間隔、それ以降は15分間隔で運行していますが、ものすごく混雑が予想されます。

帰りは時間に関係なく、随時運行しますが、帰りの方が、待ち時間が長いと覚悟をしておきましょう。

アグリアリーナ特設駐車場南特設駐車場


こちらも主催者が用意している臨時駐車場で、音更帯広ICを降りて目の前にある駐車場なので、アグリアリーナの方が満車になる可能性が高いです。

2,000台は駐車できるのですが、私が行った2014年は、9割がた埋まっていたように感じます。中にはお父さんは車、お子さんだけが会場へ行っている方も案外いらっしゃいましたよ。

一説によるとここからも花火を見ることができる、という話も聞いたことがありますが、私が直接見たわけではないので要確認ですね。

臨時の駐車場は、2ヵ所とも無料になります。ただ、そこから会場までは、バスで20分程かかるので、有料のシャトルバスを利用しましょう。

シャトルバスは、片道大人400円、子供200円で、運行時間は北愛国交流駐車場と同じです。無料ではないので注意してくださいね。

主催者が用意してくれている駐車場の混雑状況は、電話の特設ダイヤル、ツイッター、フェイスブックでも確認ができますので、状況確認の上移動しましょう。

以上2つが主催者側が用意した、公式駐車場です。駐車場は、主催者が用意した2カ所の駐車場で足りるとは思いますが、万が一の為に有料の駐車場もチェックしておきましょう★

帯広駅北地下駐車場


時間貸ですが、帯広駅直結なので便利です。駅周辺からシャトルバスも出ていますよ。

ただし、0時30分以降は出し入れできないので、注意しましょう!17時頃までなら混雑も回避できそうです。

帯広中央・中央第2駐車場


中央駐車場は22時まで、中央第2駐車場は24時間出し入れOKと、時間帯が異なるので注意しましょう。

第2駐車場は406台収容可能な大型駐車場です。30分100円、最大1200円の料金がかかります。

JRで訪れる人の為に、帯広駅前からもシャトルバスが運行していて、料金は大人200円、子供100円となっています。

でも、帯広駅からであれば、徒歩20-30分で会場入できるので、混雑するバスよりも歩いた方が楽かもしれませんよ。

行きにバスに乗ったとしても、帰りは余韻に浸りながら徒歩で戻ってくるのも楽しいかもしれませんね^^

スポンサードリンク

まとめ

無料の駐車場は、お昼の12時を過ぎた頃から続々とやってきます。なるべく早めに駐車場を確保して、余裕をもって行動するの事がおすすめです。

特に帰りのシャトルバスは乗るだけでも大混雑します。バス停で並んで駐車場に到着するまで、1時間半から2時間はみておきましょう。

花火大会の見物も、体力勝負です。しっかりと、帯広市内で栄養補給してくださいね。豚丼食べた~い(笑)

スポンサードリンク




おすすめトピック

関連記事

  1. 北海道の高速道路│ゴールデンウィークは休日割引あり?ETC限定!…
  2. 北海道のお中元の時期はいつから?平均予算は?おすすめのギフトは?…
  3. 恵山つつじ祭り2017の開催日は?場所や見どころをチェック!
  4. 五稜郭公園の桜│2017の開花予想!見頃やライトアップの時間は?…
  5. 釧新花火大会2017│駐車場や交通規制は?穴場な場所はある?
  6. 平岡公園梅まつり2017│見頃は?駐車場あり?売店の営業時間は?…
  7. ゴールデンウィーク│旭川近郊で子供が喜ぶ遊び場所まとめ
  8. 北海道の花火大会│2017夏のおすすめは?日程まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事もチェック!

  1. 札幌でスケートができる場所は?料金や服装もチェック!
  2. 【クリスマス】札幌で個室デートが人気のおしゃれ店舗まとめ
  3. 北海道で10月におすすめのまつり・イベント記事まとめ
  4. 池田町ワイン祭り2017の日程とチケット購入方法は?持ち物はコレ!
  5. お歳暮│北海道から贈る時期やマナーは?人気の海産物ランキング

イルミネーション特集

おすすめ記事

クリスマス特集

PAGE TOP