雑学・豆知識

北海道高速道路2017│お盆の渋滞予測とETCの割引をチェック

この記事の所要時間: 618


お盆期間中は、普段流れの良い北海道の高速道路でさえ、渋滞とまではいかなくとも多少の混雑が予想されます。

我が家も札幌から道北の旦那実家へ、お墓参りに帰省するのですが、混雑を避ける為に夜遅くや早朝に出発したりしていますよ。

今日は北海道の高速道路情報をまとめてみますので、お出かけの参考にしてくださいね。

割引使えば、ランチ1回分ぐらいは捻出できるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

現在2016年の情報を掲載しております。随時更新していきますので、お待ちください。

2016年のお盆はいつから?


一般的なお盆の期間は8月13日~16日までの、4日間とされています。2016年は13,14日が土日にかかってしまうので、少なく感じる方もいるかもしれませんね。

ただ、2016年から8月11日が国民の休日「山の日」となったので、お盆との間の12日さえお休みを取れば最大6連休となるんですよ♪

もし8月6日(土)からお休みが取れるなら6日~15日までの10日間の休日になるので、海外にも行けそうです。さすがに、そこまで休みが取れる方も少ないとは思いますが^^;

高速道路の渋滞予想は?

北海道の高速道路ですが、全体を通して渋滞のピークは8月13日~15日となっています。お盆は16日までだけど、最終日は家でゆっくり休みたい人が多いので、16日は15日ほど混雑しないんです。

では路線順に渋滞を見ていきましょう。

札樽自動車道

【札幌北→雁来IC】
8月13、14、15日の8時~13時までは、伏古IC付近で5キロ程度の渋滞が予想されます。

特に午前10時~12時までは混雑するので、なるべく避けた方が良いかもしれませんね^^;

【銭函IC→朝里IC】
8月13、15日は8時~12時まで朝里TB付近で、最大5キロの渋滞が予想されます。

小樽方面は、お盆に限らず、GWや海水浴のシーズンなど混雑します。

特に料金所が混雑します!ETCを搭載している車なら多少の渋滞は避けられますが、やはり待ち時間ありです。

道央自動車道

【札幌南IC→恵庭IC】
8月13日は、8時~10時まで輪厚PA付近で、最大5キロ程度の渋滞が予想されています。

【江別西IC→岩見沢IC】
8月13、14日の午前中は、岩見沢IC付近で10~15キロの渋滞が予想されます。

【旭川鷹栖IC→旭川北IC】
8月14、15日の午前中(特に10時~12時)は、1キロ未満ではありますが渋滞が予想されます。

こちらも旭川北IC付近が混雑するので、注意してください。

【恵庭IC→北広島IC】
恵庭から北広島の高速道路は、お盆期間である8月13日~16日の午前中は毎日混雑します。

お盆最終日は渋滞まではいかなくても、夕方17時までは車が多いので注意が必要です。

北広島あたりは、コストコやアウトレットなどがあるので、最終日は近場で済ませる方も多いんでしょうね^^;

道東自動車道

北海道の高速道路で、お盆で一番利用したくないのが、この道東自動車道です・・。

ここは本気で渋滞覚悟しなくてはならない場所なので、利用される方はしっかりと計画を立てて移動しましょう。

【芽室IC→トマムIC】
8月13日はほぼ1日中混雑すると思っても良いぐらい、混雑が予想されます。

トマムIC付近を中心に20キロもの混雑予想(T_T)しかもピークは23時!

夜の走行には注意しましょう。

反対に8月15日は午前中が混雑のピークになります。

【追分町IC→むかわ穂別IC】
8月13日は大夕張トンネル付近で、8時~11時を中心に10キロの渋滞が予想されています。

【十勝清水→トマムIC】
8月14日はトマムIC付近で、13時~16時を中心に5キロの渋滞になると予測。

9時が混雑のピークなので避けた方がよそうです。

【夕張IC→むかわ穂別IC】
お盆初日の8月13日は、大夕張トンネル付近を先頭に、午前9時から午後3時まで15キロ程度の渋滞が予想されています。

初日だけ、気を付ければあとは、分散されるのであまり渋滞する事はなさそうです。

【音更帯広IC→池田IC】
8月14、15日午前10時から午後4時までは、最大2キロの渋滞が予想されます。

料金所が混雑するので、ETCだと少しは待ち時間が少なくなると思います。

【占冠IC→むかわ穂別IC】
穂別トンネルの出口付近を先頭として、8月14日~16日の15時~19時まで、5キロ~10キロの渋滞予想。

特に8月15日が、一番混雑するので、避けて移動したいところです。

道東道は1車線の道路が多いので、余計に渋滞してしまいます。子連れで行く場合はトイレの場所など、しっかり把握してきましょう。

以上が、これまでお盆期間中の渋滞が予想される場所になります。

これ以外にも気を付けたいのが突然のアクシデント・・例えば事故によって2車線なのに1車線のみの通行になると、一気に大渋滞も予想されます。

我が家は札幌に帰省した時に岩見沢付近で事故があって、1車線になったのですが、普通だと30分で帰れる道路が、2時間かかりました・・本当に辛かった💦

常に最新情報は、チェックしておく必要があります!

スポンサードリンク

ETC割引はあるの?


ETCを搭載している車は、お盆期間中も割引が適用されますよ。

まず6、7、13、14日の土日と、11日の祝日は休日割引となります。この日を活用して移動すれば、距離に関係なく30%オフになるので、ランチ代はゲットできます^^

ただし、平日にあたる、15日と16日は休日割引は適用されないので、帰省の際は注意してくださいね。平日でも深夜0時~4時までの走行で適用となる深夜割引があります。

他にも平日朝夕割引というものがありますが、こちらを適用するにはETCマイレージサービスの事前登録が必要になります!
>>ETCマイレージサービス

登録は無料なので、普段から高速を利用される方は、登録しておいても良さそうです^^3割引きって大きいですもんね!

また、何日も続けて高速を利用する予定の方は、北海道観光ふりーぱすを利用する方がお得な場合もあるので、チェックしてみてくださいね。

北海道観光ふりーぱすで2017年のGWは高速が乗り放題!?
2017年のGWの予定は決まりましたか?もし遠出を考えているなら2017年は高速道路の方がお得かもしれません!2016年に北海道新幹線開業の記念として発売された北海道観光ふりーぱすが2017年も発売される事になり...

渋滞回避のコツ

自然渋滞は自己渋滞と違って突然発生するものではないので、ある程度の予測は可能です。渋滞予想を公開しているサイトを活用しましょう。
>>高速道路渋滞情報

北海道の場合は、混む場所が限られているのですが、迂回する道路がない、もしくは迂回すると軽く100キロは余計に走るなど、あきらめた方が無難というルートが非常に多いと思います。

一番はサイトでチェックしながら、ルートで回避するのではなく時間帯で回避することです。混む時間帯をさけて移動するだけでもかなり負担が減ると思いますよ。

まとめ

お盆期間中は、高速道路に慣れていないドライバーも多いように見受けられます。

イライラせずにしっかりと車間距離をとって、安全運転で帰省してくださいね。

お盆期間中は、SAでもトイレを増設したりして対策を取っていますが、子供のトイレの時間には気を配ってあげる必要もあります。

スポンサードリンク



おすすめトピック

関連記事

  1. ブラックアイスバーンの見分け方や運転時に注意するポイントとは?
  2. 北海道│シラカバ花粉症の症状とは?飛散時期は?対策法はある?
  3. 北海道の蝦夷梅雨とは?時期はいつごろ?対策法はある?
  4. 北ガスの電気料金プランは?価格や申し込み方法も調査!
  5. とうもろこしのゆで方│テレビで人気の方法をまとめてみました
  6. スタッドレスタイヤで夏走行は危険?運転時に注意するポイント
  7. 函館の裏夜景が楽しめるカフェとは?カップルにおすすめ♪
  8. 浴衣の着付け│1人でも簡単にマスターできる動画をチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事もチェック!

  1. 【忘年会】札幌で大人数もOKなカニ食べ放題の居酒屋は?
  2. 白老牛肉まつり2017へ行ってきました♪おすすめの持ち物はコレ!
  3. 洞爺湖産業まつり2017の開催日は?前売りチケットの販売あり?
  4. 洞爺湖マンガアニメフェスタ2017の日程│チケット発売はいつ?
  5. 旭川│4月の平均気温は?おすすめの服装や靴は?

イルミネーション特集

おすすめ記事

クリスマス特集

PAGE TOP