イベント

池田町ワイン祭り2017の日程とチケット購入方法は?持ち物はコレ!

この記事の所要時間: 34

池田町で秋に開催される名物祭りいえば「池田町秋のワインまつり」です。
白老牛肉祭りと似た感じのお祭りですが、池田町のワインまつりは有料という事がポイント★
有料であっても毎年チケットは完売になり、オークションで手に入れる方もいる程の人気ぶりなんです。
そんなワインまつりの2017年の日程やチケット情報などご紹介しますね。

スポンサードリンク

池田町ワイン祭り2017の日程は?


ワイン祭りの日程は以下の通りになっております。

開催日:2017年10月1日(日)

時 間:10時~14時30分(最終入場は13時30分)

場 所:ワイン城横のイベント広場

駐車場は1,000台あり無料で駐車可能ですが、飲酒予定の方は絶対に運転して来ないでくださいね!

チケットの購入方法は?

ワインまつりはチケットは約五千枚販売予定なのですが、毎年開催日より前に売り切れる事が多いので、早めの予約がおすすめです。

価格は

・大人 4,000円
・中、高校生 2,000円
・小学生 1,000円

未就園児(0歳~5歳)は無料となっています。

初めて購入する方は高っ!と思ってしまいがちですが、チケットを購入すると

・十勝ワイン 飲み放題
・北海道産牛の炭火焼 食べ放題
・数量限定の牛の丸焼き

以上の特典が付いてくるんですよ♪

これだけ付いて大人4,000円なら、逆に安く感じませんか~(*´▽`*)

チケットはローソン・セブンイレブンとチケットぴあで販売しています。
9月20日現在、まだチケットは残っているので、在庫があるうちに早めに購入しておきましょう。

また初めて参加するという方は、こちらの動画で祭りの雰囲気を感じる事ができるので、チェックしてみてください。

動画を見ているだけで、ヨダレがでそう・・笑。

スポンサードリンク

おすすめの持ち物は?

ワインまつりは【究極の手ぶらバーベキューパーティ】という名のイベントなので、基本的には手ぶらでオッケー♪

まず、会場で

・箸
・皿
・カップ

この3点を人数分渡されて、焼き台や炭などはお祭りのスタッフさんが用意してくださいます。

箸皿カップさえあれば、あとは焼いて食べるだけでいいのですが、子連れだとそうはいきませんよね^^;

・トング(2個)
・軍手
・敷物
・折り畳み椅子
・小さいテーブル
・ウェットティッシュ(おしぼり)

以上のアイテムを持っていくと、さらに楽に楽しめると思いますので、持参してみてください。

服装は?

北海道の10月はその日の天候にもよりますが、日中は温かくて日差しが強い場合があるので、日傘や帽子を用意しましょう。
ずっと外の風にあたっていると寒い場合もあるので、上着はしっかり持って行って、子連れの場合はひざ掛けなんかもあると便利ですよ。
念のため、カイロなどを持っていくと風の強い時など、子供のポケットに入れてあげると喜びます(^_-)-☆
暑い時より寒い時の方が大変なので、寒さ対策だけは万全に準備しておきましょう!

2016年は秋晴れでまつり日和だったので、2017年も同じようになるといいですよね‥。

まとめ

札幌からは遠いので、どうせなら宿泊して帰りたいですよね♪
運転が苦手な方やワインを堪能したい方は、旅行会社からのツアーで訪れるのも1つの手です。
飲酒運転だけは絶対にしないようにして、安全運転で楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク





おすすめトピック

関連記事

  1. 札幌でビアガーデンが楽しめるおすすめスポットとは?
  2. 支笏湖紅葉まつり2017の開催日│駐車場あり?見どころは?
  3. 洞爺湖産業まつり2017の開催日は?前売りチケットの販売あり?
  4. 札幌よさこい祭り2016の日程│交通規制と有料桟敷席の購入方法
  5. 小樽雪あかりの路│2017の開催期間は?駐車場はある?花火は?
  6. 札幌競馬2017の開催日は?駐車場の営業時間と料金は?
  7. 豊浦町いちご豚肉まつり2017の開催日や駐車場情報
  8. 石狩ライジングサン│会場周辺の格安ホテルまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事もチェック!

  1. 札幌でスケートができる場所は?料金や服装もチェック!
  2. 【クリスマス】札幌で個室デートが人気のおしゃれ店舗まとめ
  3. 北海道で10月におすすめのまつり・イベント記事まとめ
  4. 池田町ワイン祭り2017の日程とチケット購入方法は?持ち物はコレ!
  5. お歳暮│北海道から贈る時期やマナーは?人気の海産物ランキング

イルミネーション特集

おすすめ記事

クリスマス特集

PAGE TOP